ワーキング・ホリデーを利用して、香港と中国を体験しよう!

この制度は、日本と香港の関系强化のため、文化と教育の交流促进を目的とします。通常日本に在住し、香港滞在の主な目的が休暇を过ごすことである18歳~30歳の日本国パスポート所有者は、この制度を利用できます。制度利用者は期间中、香港にて短期就労ができ、また短期の教育コースで学ぶことができます。

ビザ取得者は、香港に12か月滞在すること、同じ雇用者の下で最长3か月の短期就労が认められます。

香港中文大学の中国语センター(CLC)では、昼间と夜间の中国语コースを设けており、学生たちは、旅行や仕事に必要な语学スキルを身につけることができます。

 

ニュース: http://news.nna.jp/free/news/20091028hkd002A.html

申请条件等: http://workingholiday-net.com/HongKong/

香港入境管理局HPのワーキング・ホリデービザ関连(200912月更新予定):

http://www.immd.gov.hk/ehtml/hkvisas_10.htm

 

CLC 全日制中国语コース: www.cuhk.edu.hk/clc/clccalendar.pdf

CLC 夜间中国语コース: www.cuhk.edu.hk/e_ssp.htm

 

质问等は、直接担当者までご连络ください。 shadowlung@cuhk.edu.hk.


 


Home